メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

4区 市民団体連絡会、毛利氏を支援へ /長野

 衆院選長野4区で、野党共闘を模索してきた市民団体などは7日夜、諏訪市内で集会を開き、「長野4区市民連合連絡会」を発足させた。共産党から立候補予定の新人、毛利栄子氏(66)を支援するという。4区では、自民現職の後藤茂之氏(61)、希望元職の寺島義幸氏(64)も出馬を予定している。

 集まった市民団体は、安全保障法制の廃止と立憲主義の回復▽個人の尊厳を擁護する政治の実現--などを政策の柱に、野党共闘を実現しようとしてきた…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです