特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋の高校野球

府大会2次戦 決勝は乙訓×京都翔英 近畿大会出場権得る /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 秋季府高校野球大会(府高野連主催)2次戦は8日、京都市右京区のわかさスタジアム京都で準決勝2試合があった。乙訓は2-0で立命館宇治との接戦を制し、京都翔英は西城陽に8-1で七回コールド勝ちした。乙訓と京都翔英は21日から大阪市此花区の大阪シティ信用金庫スタジアム(舞洲球場)で開かれる近畿地区大会への出場を決めた。

 9日はわかさスタジアム京都で午前9時半から3位決定戦、正午から決勝が行われる。【礒野健一】

 ▽準決勝

乙訓

  020000000=2

  000000000=0

立命館宇治

 (乙)富山、川畑-薪谷

 (立)森井-横田

 乙訓は二回、相手失策で先制すると、更に1死二、三塁の好機から薪谷が犠飛を放って2点をリードし、試合の主導権を握った。先発の富山は直球に力があり、7回を被安打4、8奪三振と力投。2番手の川畑も好投し、相手を零封した。

 立命館宇治は4失策と守備が乱れ、七回の1死一、三塁の好機を逸したのも響いた。

西城陽

  0000001=1

  015002×=8

京都翔英

 (七回コールド)

 (西)山中-杉本

 (京)今井、遠藤-鈴木

▽二塁打 新田、鈴木(京)

 京都翔英は二回、1死一、三塁の好機に岡本がスクイズを決めて先制すると、三回には田中、鈴木、梧桐、今井が適時打を放つなど7安打を集中して5点を追加。六回は2死一、二塁から鈴木が適時二塁打を放って試合を決めた。

 西城陽は七回1死二塁から中村の適時打で1点を返したが、及ばなかった。

〔京都版〕

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい