メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

日本遺産と爺POP /高知

お爺ちゃん5人組アイドルグループ「爺POP」の山田英忠さん(後列左)=高知県提供

 安田、田野、奈半利、馬路、北川の5町村が、旧魚梁瀬(やなせ)森林鉄道(林鉄)とユズ栽培の歴史文化資源で、文化庁から日本遺産(全国54件)に認定されたことを記念するシンポジウムが1日、田野町で開かれました。中芸地域は江戸時代から杉の産地として栄え、1911(明治44)年、森林鉄道(総延長約250キロ)が開通。その遺構「旧魚梁瀬森林鉄道施設」を核に「ゆず畑の景観」「ゆず料理」「中岡慎太郎生家跡」(北川村)など48件の構成文化財で日本遺産に認められました。しかし、単に地域の歴史や文化財の価値を解説するだけでは、日本遺産には認定されません。文化庁は「文化財や伝統文化を通じて地域の活性化を図るため、歴史的経緯や世代を超えて受け継がれる伝承、風習を踏まえたストーリーが必要」だそうです。このストーリー案を中芸5町村は、文化庁に4回相談してダメ出しされた後、ようやく5回目に認定された秘話がパネルディスカッションで明らかにされました。

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1636文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]