メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

ICAN平和賞 核の傘の下にいる国に働きかける 政策提言担当・ホグスタ氏

 【ジュネーブ三木幸治】核兵器禁止条約の制定に貢献し、ノーベル平和賞受賞が決まった国際NGOネットワーク「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN=アイキャン)の政策提言担当幹部、ダニエル・ホグスタ氏(30)が7日、毎日新聞の取材に応じ、「今後は核の傘の下にいる国などの政治家に働きかけを強める」と戦略を語った。具体的にはノルウェー、日本を挙げ、「政策を変える国が少しでもあれば、(条約加盟の)ドミノ現象が起こりうる」との見解を明らかにした。

 ICANは、核保有国が主張する「核抑止力」を否定して核兵器の非人道性を重視し、北朝鮮情勢などを例に「核兵器があるから、世界が危機に陥る」と主張してきた。結成11年目での条約採択と平和賞受賞決定をホグスタ氏は「キャンペーンが成功したことを示した」と表現した。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文892文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです