メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい練習帳

医療者が受け止めた「お迎え」

 先月末に出たばかりの「看取(みと)るあなたへ 終末期医療の最前線で見えたこと」(河出書房新社)を読んだ。柏木哲夫、徳永進、内藤いづみ、小澤竹俊らホスピス経験の長い医師だけではなく、日本対がん協会会長の垣添忠生、小児科医の細谷亮太、宗教分野から島薗進、高木慶子の各先生ら豪華な顔ぶれが執筆している。

 編集者から「あなたが死について考えていることを書いてほしい」という依頼文が届き、20人が応じた。一般病院の医師を対象にしたら、こんな本の企画は成り立たない。そこでは「死」は失敗、敗北であろうから。でも執筆者は何百人、何千人の「死」と向き合ってきたプロフェッショナルだ。個々のケースは悲しい出来事だけど、それ以上に多様で貴重なメッセージを受け取ってきた。内藤医師にいわせると…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  2. 北海道宗谷地方北部で震度5弱 津波の心配なし

  3. 新潟女児殺害 小林被告に無期懲役 地裁判決

  4. 75歳以上「2割」22年度から 医療費負担、低所得者は1割維持

  5. グレタさん「政府に希望はないが、私たちは変化を起こせる」 COP25で演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです