メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

歌声と写真と衣装=酒井佐忠

 歌の声と映像、そして衣装。ジャンルの違う三つのアートが一体となって不思議な世界を形づくる。まるで眠る海からあふれ出た少女の静かな、だが揺れ動く呼吸に耳をそばだてるような空間。ここではない、どこか。現在の不協和音に身を任せながら、新たな私の世界を模索する。新鋭歌人・野口あや子の写真歌集『眠れる海』(書肆侃侃房)が刊行された。「たしかな声や呼吸を覚えることは、たしかに歌い、暮らすことにつながる」と歌人はいう。

 <なんてきれい 蓮(はちす) 半身を横たえるときは髪からたわみはじめて>。柔らかにたゆたう身体性へ…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文584文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  4. あおり運転 堺の大学生死亡、追突の運転手を殺人罪で起訴
  5. 時の足音 オウム処刑と天皇制

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]