メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刺繍に集中するお母さんたちの傍らで、小さな子どもたちの声が響く度、場の空気が少し和やかになる

 インド北部、デリー。高層ビルが林立するすぐ裏に、古びた褐色のアパートが所せましと並び、クモの巣のように電線が巡っている。曲がりくねった路地を進み、ひっそりとしたたたずまいの民家の門をくぐると、ベールをかぶった30人ほどの女性が、一心に手元を見つめながら作業に打ち込んでいた。ミャンマーを追われたロヒンギャの母親たちが刺繍(ししゅう)の職業訓練を受けに通ってくる場所だった。

 足元には、すやすやと眠ったり、よちよちと歩いたりする小さな子どもたちの姿があった。「子どもを連れて学べるから、家族も安心するの」と若いお母さん。まるで部屋全体が大きな家族のようだ。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文626文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 一転して医療崩壊の危機 集団免疫獲得とも取り上げられた都市で「第2波」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです