体操

世界選手権 白井連覇、無敵の床 メダル通算7個

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【モントリオール(カナダ)田原和宏】第6日の7日、男子3種目、女子2種目の種目別決勝が行われ、男子床運動で白井健三(日体大)が15・633点で2大会連続3回目の優勝を果たした。白井の世界選手権での獲得メダルは通算7個となり、21歳にして早くもムーンサルト(月面宙返り)の生みの親である塚原光男の6個を超えて、アテネ五輪団体金メダルの冨田洋之の7個に並んだ。最終日の8日の跳馬でメダルに輝けば、1964年東京五輪で日本選手団主将を務めた小野喬の8個に届く。

 女子跳馬は2回の跳躍の平均得点で争われ、宮川紗江(セインツク)は13・800点で8位。マリア・パセカ(ロシア)が14・850点で2連覇した。段違い平行棒も范憶琳(中国)が2連覇。男子はあん馬でリオデジャネイロ五輪金のマックス・ウィットロック(英国)、つり輪で同五輪金のエレフテリオス・ペトルニアス(ギリシャ)がともに2連覇を達成した。

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1371文字)

あわせて読みたい

注目の特集