衆院選2017

希望の女性擁立19% 公約の「男女同数」遠く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)が掲げる政治分野での「女性活躍」が、擁立段階で難航している。自身が率いた都民ファーストの会の躍進で都議会の女性議員比率は20%から28%に増えたが、希望の第4次までの公認候補で女性は201人中38人(19%)にとどまっている。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文567文字)

あわせて読みたい