メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体力・運動能力調査

子どもと高齢者、体力向上 30~40代、運動不足で低下 スポーツ庁

 「体育の日」を前にスポーツ庁は8日、2016年度の「体力・運動能力調査」結果を公表した。7、10歳男子と9、12、13歳女子に加え、60~64歳男性と75~79歳女性で体力テストの成績が現行方式で最高となるなど、子どもと高齢者の運動能力の向上が鮮明になった。体格が良くなったことや、健康志向の高まりが要因。一方、30~40代は低下しており、専門家は運動不足が原因とみている。【伊澤拓也】

 調査は東京五輪が開かれた1964年度に始まり、現行方式になった98年度から60、70代も対象に加えた。今回は昨年5~10月に6~79歳の男女約6万5000人を調査。体力テストは各種目の成績を10点満点で得点化し、19歳までは年齢ごと、20歳以上は5歳ごとに結果をまとめた。

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1200文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです