特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

岡田氏がネット結成 約20人、民進系無所属連携

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「打倒!!一強政治」の旗を掲げて握手を交わす民進前職で無所属の(左から)松田直久氏、岡田克也氏、中川正春氏=三重県庁で2017年10月8日午後2時4分、井口慎太郎撮影
「打倒!!一強政治」の旗を掲げて握手を交わす民進前職で無所属の(左から)松田直久氏、岡田克也氏、中川正春氏=三重県庁で2017年10月8日午後2時4分、井口慎太郎撮影

 衆院選で三重3区から無所属で立候補する民進党の岡田克也・元代表は8日、同じく無所属で出馬する民進前職と連携して選挙戦を戦うためのネットワークを結成すると発表した。同じ立場の立候補予定者は全国に約20人おり、千葉4区の野田佳彦前首相、神奈川8区の江田憲司・民進党元代表代行ら「多くの人が賛同している」という。

 無所属で出馬する民進党出身の議員は基本的に現在も民進党籍がある。衆院選後に民進党籍を残している参院議員や立憲民主党の議員らと連携する布石の意味もあるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文410文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る