メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

北朝鮮「年末から情勢緊迫」 見方示す

安倍晋三首相=西本勝撮影

 安倍晋三首相は8日夜、インターネットテレビ局「AbemaTV」の番組に出演した。核・ミサイル開発を進める北朝鮮について「あらゆる手段で圧力を高めていくから、状況は緊迫していく。今年暮れから来年にかけて選挙をする状況ではなくなる」との見方を示した。

 野党側は、首相が秋の臨時国会で審議をせずに冒頭解散したことを批判している。このため、あらためて北朝鮮情勢の緊迫化を理由に、解散への理解を求めた。

 首相は北朝鮮への石油精製品などの輸出を規制する国連安全保障理事会の制裁決議をあげ、「石油製品がカットされたら大変なことになる。基本的に緊迫度は増す」とも語った。

 また、首相は「結構、早い段階で解散を考え始めていた。今年の半ばころからだ」とも語った。【遠藤修平】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 シアトルで列車脱線、高速道に落下 複数死傷か
  2. ホーム転落死 緑内障、視野限られ 薬剤師、出勤途中
  3. 関西50年前 【昭和42年8月23日】阪急梅田駅の新ホーム
  4. リニア不正 「南アトンネル」も調整か 鹿島部長を聴取
  5. 生活保護費 母子加算削減に怒り悲鳴「負の連鎖招く」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]