メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸製鋼

データ不正 アルミ・銅 強度不足も

 神戸製鋼所は8日、自動車や航空機メーカーなど約200社に納入したアルミ板や銅製品について、工場の出荷段階で強度や寸法をチェックする検査証明書を書き換えるなどの不正が見つかったと発表した。同社は「(自動車など)最終製品の安全性には影響はない」(梅原尚人副社長)とみているが、今後、納入先の企業と品質面や安全性への影響を調査するという。

 不正が見つかったのは、同社が2016年9月~17年8月に生産したアルミ製品(板、押し出し品)約1万9300トン、銅製品約2200トンなどで、この期間に同社が出荷したアルミ・銅製品の約4%に当たる。検査の結果、強度が足りない製品でも「強度を満たしている」と、データをごまかして出荷したという。今年8月、社内の監査で検査証明書のデータ改ざん、捏造(ねつぞう)の事実が発覚した。今回の調査は過去1年間だが…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 若者や子育ての支援少なく、進む少子化 「結婚、出産避ける状況続く」 出生率4連連続低下

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  5. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです