メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松村が日本勢最高の6位

 シカゴ・マラソンは8日、シカゴで行われ、男子の日本勢は松村康平(MHPS)が2時間11分46秒の6位に入ったのが最高だった。宮脇千博(トヨタ自動車)は11位、松尾良一(旭化成)は18位。

     ゲーリン・ラップ(米国)が2時間9分20秒で制し、昨年覇者アベル・キルイ(ケニア)が28秒差の2位となった。米国男子の優勝は15年ぶり。

     女子は5000メートルの世界記録保持者、ティルネッシュ・ディババ(エチオピア)が2時間18分31秒で優勝した。

     車いす男子は渡辺勝(TOPPAN)が日本勢最高の4位となった。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 衆院選 午後2時現在の投票率21.83% 前回下回る
    2. 特集ワイド 衆院選 投票すべきか迷うあなたに 棄権は危険 「抗議の白票」は逆効果
    3. 衆院選2017 各党 選挙公約(その1)
    4. 韓国 アイドルの犬にかまれ死亡 有名料理店の女性経営者
    5. イオン 21日から「台風コロッケ」 通常より5割増し

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]