メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真集

「必死すぎるネコ」ひたすら寄り添う写真家・沖昌之さん

=「必死すぎるネコ」より(c)Masayuki Oki

 「ほんと、よう働くなあ。みんな偉いなあ」。東京の下町、カメラを手にした長身の男性に、猫が向こうから近づいてくる。このほど、写真集「必死すぎるネコ」(辰巳出版)を出版した沖昌之さん(39)。けんかしたり、隙間(すきま)をのぞいたり、壁に飛びついたり--野良猫たちが夢中になっている瞬間を切り取った作品が人気で、インスタグラムのフォロワーは7万6000人を超える。「もともとはネガティブ思考で面倒くさがり。何もしたくない人間だったんです」。そんな男を、猫とカメラが変えてしまった。【岡本同世】

 神戸市で生まれ育ち、事務機器の営業職などを経て30代前半で上京。最初の転機は、2009年に働き始めたアパレルの会社で訪れた。本格的な撮影経験はなかったが、社長から、商品や人物を撮るよう指示され、カメラを渡された。当初は「写真が下手。センスがない。何にもしない」と怒られ通し。「でも時々ハマると、いい写真が撮れた」

 次第に面白くなり、自腹でカメラを購入。それまで寝て過ごしていた休日にも、出かけて撮影を楽しむようになった。13年暮れの午後、休憩中に公園で見かけた1匹に衝撃を受ける。「ぶさいくで、かわいくて、自由だった」。それから、猫を撮りはじめた。

この記事は有料記事です。

残り1518文字(全文2038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです