メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真集

「必死すぎるネコ」ひたすら寄り添う写真家・沖昌之さん

=「必死すぎるネコ」より(c)Masayuki Oki

 「ほんと、よう働くなあ。みんな偉いなあ」。東京の下町、カメラを手にした長身の男性に、猫が向こうから近づいてくる。このほど、写真集「必死すぎるネコ」(辰巳出版)を出版した沖昌之さん(39)。けんかしたり、隙間(すきま)をのぞいたり、壁に飛びついたり--野良猫たちが夢中になっている瞬間を切り取った作品が人気で、インスタグラムのフォロワーは7万6000人を超える。「もともとはネガティブ思考で面倒くさがり。何もしたくない人間だったんです」。そんな男を、猫とカメラが変えてしまった。【岡本同世】

この記事は有料記事です。

残り1793文字(全文2038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです