特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

ノーベル賞

経済学賞に米教授 「行動経済学」開拓

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米シカゴ大のリチャード・セイラー教授=ロイター
米シカゴ大のリチャード・セイラー教授=ロイター

 【ロンドン三沢耕平】スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2017年のノーベル経済学賞を米シカゴ大のリチャード・セイラー教授(72)に授与すると発表した。心理学を経済学に応用した「行動経済学」の研究が評価された。

 行動経済学は経済学に人間の心理を応用する新しい領域の学問として00年代に入って注目されてきた。セイラー氏は02年にノーベル経済学賞を受賞した心理学者のダニエル・カーネマン氏とともに、行動経済学のパイオニアとしても知られる。

 従来の伝統的な経済学は、経済主体が合理的な計算に基づいて行動するという人間像を前提に理論を組み立ててきた。これに対し、セイラー氏はその合理性が限られたものであり、人間には認知能力の限界や自制心の欠如があることに着目。そうした人間の特性が個人の意思決定や市場動向にどう影響を及ぼすかを示した。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文606文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集