特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選公示

小選挙区は与野党乱戦の様相

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院選が公示され、候補者らの訴えを聞く有権者ら=仙台市青葉区で2017年10月10日午前9時21分、小川昌宏撮影
衆院選が公示され、候補者らの訴えを聞く有権者ら=仙台市青葉区で2017年10月10日午前9時21分、小川昌宏撮影

 衆院選の全289小選挙区では、「安倍1強」を誇ってきた自民党と、新党の希望の党、立憲民主党を軸とする3極が入り乱れて候補者を擁立した。与党と希望・日本維新の会両党が直接対決する選挙区が最も多いが、野党共闘が進んだ昨年の参院選からは一転、野党が競合して与野党の完全な「1対1」に持ち込めなかった選挙区が目立ち、結果の読みにくい乱戦模様となっている。【村尾哲】

 小選挙区での3極を(1)自民、公明の候補(2)希望、維新の候補、希望に近い無所属候補(3)立憲候補、希望から「排除」されるなどした民進・自由党系の無所属候補--に分類(一部候補予定者を含む)。構図を分析した。

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文877文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る