メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル経済学賞

行動経済学の研究評価…米のセイラー氏

米シカゴ大のリチャード・セイラー教授=ロイター

 【ロンドン三沢耕平】スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2017年のノーベル経済学賞を米シカゴ大のリチャード・セイラー教授(72)に授与すると発表した。心理学を経済学に応用した「行動経済学」の研究が評価された。

 行動経済学は経済学に人間の心理を応用する新しい領域の学問として00年代に入って注目されてきた。セイラー氏は02年にノーベル経済学賞を受賞した心理学者のダニエル・カーネマン氏とともに、行動経済学のパイオニアとしても知られる。

 従来の伝統的な経済学は、経済主体が合理的な計算に基づいて行動するという人間像を前提に理論を組み立て…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 仙台ドン・キホーテに爆破予告 一時営業休止、買い物客ら避難 不審物見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです