メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「自分がした」20歳巡査が女子高生の胸触る

県迷惑行為防止条例違反容疑で逮捕

 女子高校生の胸を触ったとして、岡山県警は9日、県警倉敷署地域課巡査の岡本和樹容疑者(20)を県迷惑行為防止条例違反(痴漢)の疑いで逮捕した。「自分がしたことに間違いない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は8月28日午前7時45分ごろ、県南部の路上をオートバイで走行中、自転車で登校中の女子高生に後ろから近づき、胸を触ったとしている。この日、岡本容疑者は非番だった。

 県警によると、周辺では今年に入って同様の被害が数件あり、関連を調べる。県警の森井理首席監察官は「職務倫理を高めるなどして、再発防止に努める」と述べた。【高橋祐貴】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院選 午前11時現在の投票率12.24% 前回上回る
  2. 母娘死亡 予備タイヤ落下か 広島の会社、現場にチェーン
  3. 実業団対抗女子駅伝 予選会、きょう号砲 「神宿る島」で新たな歴史を
  4. 特集ワイド 衆院選 投票すべきか迷うあなたに 棄権は危険 「抗議の白票」は逆効果
  5. 衆院選2017 各党 選挙公約(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]