メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『おクジラさま ふたつの正義の物語』佐々木芽生・著

捕鯨問題をブレークスルー 違いを認めて共に生きる道を探る

◆『おクジラさま ふたつの正義の物語』佐々木芽生・著((集英社/税別1700円)

 先ごろ上映スタートしたドキュメンタリー映画「おクジラさま ふたつの正義の物語」をさっそく観た。「日本の古式捕鯨発祥の地」、紀伊半島南端の和歌山県太地(たいじ)町。人口約三千人の漁師町で行われている小型のクジラやイルカ(成体約四メートル以下のクジラ)の追い込み漁をめぐる衝突を描く。ドラマさながらの人間模様、さまざまな価値観がぶつかり合う様子をカメラが追う。噛(か)み合わない主義主張を浮き彫りにし、安易な文化保護やナショナリズムを退ける風通しのよさ。捕鯨問題を通じ、いま私たちが直面するグローバリズムの課題を提示する出色の出来栄えだった。

 この映画の監督、佐々木芽生(めぐみ)が同題の本書の著者。映画の展開に沿う構成だが、太地町に関わり続…

この記事は有料記事です。

残り1143文字(全文1531文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 大阪市立科学館 リニューアル リアルな星空を再現 高性能の投影機話題に /大阪
  4. 被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです