メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸製鋼所

鉄粉も改ざんか 不正拡大の可能性

 アルミ・銅製品の検査データに不正が見つかった神戸製鋼所が、鉄粉製品でも強度などの検査データの改ざんを行っていた疑いがあることが11日、分かった。同社は改ざんの有無を調査しているが、アルミ・銅以外の製品にも不正が拡大する可能性が出てきた。不正が確認されれば、同社の信用がさらに低下するのは必至だ。

 同社によると、鉄粉製品の製造段階で取引先が要求する強度を満たしていなかったにもかかわらず、検査段階で証明書のデータを書き換えて合格するように装っていた可能性があるという…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  4. 中村さん事件で生存者 後続車運転の男性「突然の銃声、20秒の犯行」

  5. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです