メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台裏へようこそ

歌舞伎音楽の作調 田中傳左衛門

台本を手に作調する田中傳左衛門=中央区で2017年9月,太田康男撮影

奏者と一体で音を構成

 歌舞伎は伝統芸能だが、古典だけが上演されるわけではない。新作や長く上演されなかった作品の復活の際に、どの場面にどんな音楽を入れるのか。それを考えるのが「作調」である。歌舞伎座(東京都中央区)で25日まで上演中の「極付印度伝(きわめつきいんどでん) マハーバーラタ戦記」で、作調を担当しているのが歌舞伎囃子方(はやしかた)田中流家元の田中傳左衛門。現代の歌舞伎界で引っ張りだこの逸材だ。

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1051文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです