メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台裏へようこそ

歌舞伎音楽の作調 田中傳左衛門

台本を手に作調する田中傳左衛門=中央区で2017年9月,太田康男撮影

奏者と一体で音を構成

 歌舞伎は伝統芸能だが、古典だけが上演されるわけではない。新作や長く上演されなかった作品の復活の際に、どの場面にどんな音楽を入れるのか。それを考えるのが「作調」である。歌舞伎座(東京都中央区)で25日まで上演中の「極付印度伝(きわめつきいんどでん) マハーバーラタ戦記」で、作調を担当しているのが歌舞伎囃子方(はやしかた)田中流家元の田中傳左衛門。現代の歌舞伎界で引っ張りだこの逸材だ。

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1051文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです