メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台裏へようこそ

歌舞伎音楽の作調 田中傳左衛門

台本を手に作調する田中傳左衛門=中央区で2017年9月,太田康男撮影

奏者と一体で音を構成

 歌舞伎は伝統芸能だが、古典だけが上演されるわけではない。新作や長く上演されなかった作品の復活の際に、どの場面にどんな音楽を入れるのか。それを考えるのが「作調」である。歌舞伎座(東京都中央区)で25日まで上演中の「極付印度伝(きわめつきいんどでん) マハーバーラタ戦記」で、作調を担当しているのが歌舞伎囃子方(はやしかた)田中流家元の田中傳左衛門。現代の歌舞伎界で引っ張りだこの逸材だ。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  4. 女子中学生を脅迫容疑、31歳男逮捕 警視庁
  5. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです