メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台裏へようこそ

歌舞伎音楽の作調 田中傳左衛門

台本を手に作調する田中傳左衛門=中央区で2017年9月,太田康男撮影

奏者と一体で音を構成

 歌舞伎は伝統芸能だが、古典だけが上演されるわけではない。新作や長く上演されなかった作品の復活の際に、どの場面にどんな音楽を入れるのか。それを考えるのが「作調」である。歌舞伎座(東京都中央区)で25日まで上演中の「極付印度伝(きわめつきいんどでん) マハーバーラタ戦記」で、作調を担当しているのが歌舞伎囃子方(はやしかた)田中流家元の田中傳左衛門。現代の歌舞伎界で引っ張りだこの逸材だ。

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1051文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 川越東、接戦制す 4強出そろう 上尾も早大本庄降す /埼玉
  4. 第100回全国高校野球 新潟大会 きょう準々決勝 公立進学校対決にも注目 /新潟
  5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]