メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅の空から・たてがみなびかせ

菊花賞、女性馬主優勝は=芦谷有香

 クラシック3冠競走の最終戦「菊花賞」が22日に行われる。10年ぶりに女性馬主の優勝があるかもしれず、そういう意味でも興味深い。

 日本で女性が馬主登録するようになったのは、いつごろのことだろうか。近代競馬発祥の地の英国では、少なくともビクトリア時代の1900年以前にごく少数だが、女性も服色を登録して馬を出走させていたそうだ。ただ、一般的には夫の名前や偽名を使うのが当時の習わしで、例えば女優のリリー・ラングトリーは自分の生まれ故郷の地名を使って「ミスター・ジャージー」の名前で馬主登録をしていた。

 英国で女性馬主の名前が堂々と前に出始めたのは、20世紀に入ってから。1918年の3冠馬ゲインズバラの馬主はレディー・ジェームス・ダグラスという。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです