メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かながわ衆院選2017

公示 18選挙区に60人 小選挙区制で最少 /神奈川

県内の小選挙区

 第48回衆院選が10日公示され、県内18の小選挙区に計60人が立候補を届け出た。目まぐるしい政党再編の末、「自民・公明」の与党に、「希望・維新」と「共産・立憲民主・社民」の野党2極が対決する構図が確定。候補者数は前回より5人少なく、小選挙区比例代表並立制が導入された1996年の衆院選以降、最少となった。2014年の前回選同様、安倍晋三首相による突然の衆院解散表明で、与野党とも短期戦を迫られた今回の選挙。届け出を済ませた候補者たちは、秋空の下で早速県内を駆け回り、12日間の選挙戦をスタートさせた。投開票は22日。

この記事は有料記事です。

残り1989文字(全文2248文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです