メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かながわ衆院選2017

公示 18選挙区に60人 小選挙区制で最少 /神奈川

県内の小選挙区

 第48回衆院選が10日公示され、県内18の小選挙区に計60人が立候補を届け出た。目まぐるしい政党再編の末、「自民・公明」の与党に、「希望・維新」と「共産・立憲民主・社民」の野党2極が対決する構図が確定。候補者数は前回より5人少なく、小選挙区比例代表並立制が導入された1996年の衆院選以降、最少となった。2014年の前回選同様、安倍晋三首相による突然の衆院解散表明で、与野党とも短期戦を迫られた今回の選挙。届け出を済ませた候補者たちは、秋空の下で早速県内を駆け回り、12日間の選挙戦をスタートさせた。投開票は22日。

この記事は有料記事です。

残り1989文字(全文2248文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです