特集

高校野球・秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季東海地区高校野球大会

組み合わせ決まる /岐阜

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
秋季東海地区高校野球大会組み合わせ
秋季東海地区高校野球大会組み合わせ

 第70回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催、毎日新聞社など後援)の組み合わせ抽選会が10日、名古屋市中区であった。大会には東海4県の各県大会を勝ち抜いた計12校が出場し、21日に愛知県内の2球場で開幕する。大会の成績は来春のセンバツ出場校選考の資料となる。

 県1位の中京学院大中京は22日の2回戦で、愛産大三河(愛知2位)と常葉大橘(静岡3位)の勝者と対戦する。県2位の大垣西は21日に中京大中京(愛知3位)と、県3位の岐阜各務野は同日にいなべ総合(三重2位)とそれぞれ1回戦で対戦する。

 中京学院大中京の橋本哲也監督は「1年生バッテリーが軸。緊張感のある東海大会でも空回りしないよう、精神面を強化したい」、大垣西の福山樹部長は「県立らしい、つなげる野球をする。相手は甲子園常連校だが、私立校とも同等に戦えるぞと印象づけたい」、岐阜各務野の江崎大輔監督は「岐阜代表として、敗れたチームの分も初出場らしくフレッシュに戦いたい」とそれぞれ抱負を語った。【横田伸治】

次に読みたい

あわせて読みたい