メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェ・ゲバラ

没後50年 2万人、革命家追悼 ボリビアで記念行事

チェ・ゲバラの追悼行事でボリビア国歌を歌うモラレス大統領(中央)=ボリビア中部バジェグランデで2017年10月9日、山本太一撮影

 【バジェグランデ山本太一】チェ・ゲバラが死去してから丸50年となった9日、ゲバラが最期を迎えたボリビアで追悼行事があり、約2万人(ボリビア政府推計)が参加した。反米左派のボリビアのモラレス大統領は「ゲバラは帝国主義に対抗する人々を支援するためにやって来たのだ」とたたえ、反米左派諸国の連携を訴えた。

     行事にはゲバラの家族や友人、一緒に戦った元ゲリラ仲間に加え、キューバやベネズエラの政府高官も参加した。

     こうした反米左派諸国以外のアルゼンチンやチリ、ペルーなどからも市民が訪問。ゲバラの顔がプリントされたTシャツやトレードマークのベレー帽を着用したり、「ゲバラは永遠」と書かれた旗を掲げたりして、人気の高さを示した。

     コスタリカから訪れたプラネット・マルシャさん(32)は「貧困や不公平から人間を解放しようとしたゲバラが大好き。ゲバラファンと交流でき楽しかった」と語った。

     ゲバラは親米軍事政権下のボリビアでゲリラ戦を展開し、1967年10月8日に「侵略者」としてボリビア軍に捕まり、翌日、バジェグランデ近くで処刑された。バジェグランデには30年間、遺体が埋められていた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです