メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちらもオススメ

小児がん征圧キャンペーン バッハの協奏曲で師弟協演 来年1月14日・横浜みなとみらいホール

徳永二男さん(右)と三浦文彰さん

「生きる~2018 New Year 若い命を支えるコンサート」

 「病と闘う子どもと親御さんたちに、音楽の力をお届けできたら……」。そう語るのは、バイオリン界の重鎮、徳永二男さんと俊英の三浦文彰さん師弟。来年1月14日、横浜みなとみらいホール(横浜市西区)での「生きる~2018NewYear 若い命を支えるコンサート」に、そろって出演する。小児がん征圧キャンペーンの一環として、横浜の地で11回目を迎えるコンサートだ。「若い命を支える」という副題にふさわしく、第71回全日本学生音楽コンクールの1位受賞者ら、同世代の演奏家も参加し患者を元気づける。協演は、指揮者の下野竜也さんと神奈川フィルハーモニー管弦楽団。音楽の喜びを分かち合い、「共に生きる」決意を新たにする年明けとなりそうだ。【斉藤希史子、師弟の写真は根岸基弘撮影】

この記事は有料記事です。

残り2886文字(全文3249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです