東日本大震災

福島第1原発事故 集団訴訟判決 被害救済、足がかりに 福島の原告「更に闘う」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国と東電の責任が認められ、勝訴の旗を掲げる弁護士ら=福島市で2017年10月10日午後2時7分、喜屋武真之介撮影
国と東電の責任が認められ、勝訴の旗を掲げる弁護士ら=福島市で2017年10月10日午後2時7分、喜屋武真之介撮影

 10日の東京電力福島第1原発事故による被害者訴訟の判決で、福島地裁は国と東電の責任を認め、賠償の上積みにとどまらず、範囲拡大にまで踏み込んだ。判決後の集会で原告団長の中島孝さん(61)は「被害救済の大きな足がかりになった」と表情を引き締めた。【岸慶太、尾崎修二】

 提訴から4年7カ月。同原発から北に約45キロ離れた福島県相馬市の住宅街で家族と小さなスーパーを営みながら、県内外約3800人の原告と共に国と東電の責任を追及してきた。中島さんを含む原告の大半が、避難指示区域外の住民だ。

 相馬市沿岸は黒潮と親潮が交わり、阿武隈山地からの養分も流れ込む豊かな好漁場とされる。事故前、店の自慢は地元・原釜漁港で揚がるタコやヒラメなどの刺し身だった。「旬の魚を安く食べられる」。客の評判が商売人としての誇りだった。

この記事は有料記事です。

残り1265文字(全文1618文字)

あわせて読みたい

注目の特集