メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外 センバツ 21世紀枠の候補校を発表 一覧へ

社告

障がい者スポーツフォーラム2017 参加者募集

 毎日新聞社は、障害者スポーツについて、現役アスリートらとともに楽しみながら考える「障がい者スポーツフォーラム2017」を開催します。今年は「ともに・2020バリアーゼロ社会へ」で掲載した競技施設のバリアフリーをテーマに、選手を交えたディスカッションを行います。参加希望者400人を無料で招待します。

     <日時>2017年11月12日(日)午後1~3時(開場午後0時半)<会場>日本体育大学東京・世田谷キャンパス記念講堂(世田谷区深沢7の1の1)<出演>長島理(パラバドミントン)、杉野明子(同)、初瀬勇輔(柔道視覚障害)、中西哲生(スポーツジャーナリスト)、広瀬俊朗(元ラグビー日本代表)ほか=敬称略・順不同<応募方法>はがき、ファクス、またはインターネットで。郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、年齢、職業、参加人数を明記のうえ、はがき=〒102-0074 東京都千代田区九段南1の6の17、ファクス=03・6265・6837、いずれも毎日企画サービス「障がい者スポーツフォーラム」係まで。インターネット=https://www.mainichi-ks.jp/form/sports1711/ <締め切り>11月2日必着。応募者多数の場合は抽選のうえ、当選者にのみ招待券を発送<問い合わせ>同事務局03・6265・6817(平日午前10時~午後5時)

     主催 毎日新聞社/後援 スポーツ庁、日本障がい者スポーツ協会、東京都障害者スポーツ協会/協賛 トヨタ自動車ほか/協力 日本体育大学、日本財団パラリンピックサポートセンター

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 警視庁 警官が50キロ超過で走行、死亡事故 東京
    2. 新幹線 ドア開け忘れ、200人置き去り 名古屋駅
    3. 受精卵無断移植 提訴の元夫、娘にどう接したら
    4. 田中優子の江戸から見ると 「伝統」という言い訳
    5. 奈良の病院 夫に無断で受精卵移植 別居の妻出産

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]