メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外 センバツ 21世紀枠の候補校を発表 一覧へ

社告

「えと書道展」作品募集

 来年の干支(えと)「いぬ」を書く「えと書道展」の作品を募集します。入賞入選作品は来年1月11~16日、近鉄アート館(大阪市阿倍野区・あべのハルカス近鉄本店ウイング館8階)で開催の「第33回毎日現代書関西代表作家展」会場に展示します。出品者全員に同展の招待券を贈ります。

     <資格>近畿に在住、在勤、在学の人<作品寸法>はがき大(15センチ×10センチ)で紙の厚さは、はがき程度(半紙は不可)。縦横自由。1人1点<課題>いぬ。漢字、かな、カタカナなど自由<出品方法>作品の裏に鉛筆で氏名を書き、別紙(7センチ×7センチ)に郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、年齢、職業または学校名・学年を書き、作品の左下に貼る。招待券送付用の返信用封筒(長形3号=12センチ×23・5センチ)に郵便番号、住所、氏名を記入し、82円切手を貼り、作品に同封<出品料>無料<賞>毎日新聞社賞10点<作品送付・問い合わせ先>〒530-8251(住所不要)毎日新聞社総合事業局「えと書道展」係(06・6346・8391)<締め切り>11月6日(月)消印有効。作品は返却しません。

     <主催>毎日新聞社、毎日書道会

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 警視庁 警官が50キロ超過で走行、死亡事故 東京
    2. 新幹線 ドア開け忘れ、200人置き去り 名古屋駅
    3. 受精卵無断移植 提訴の元夫、娘にどう接したら
    4. 田中優子の江戸から見ると 「伝統」という言い訳
    5. 奈良の病院 夫に無断で受精卵移植 別居の妻出産

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]