衆院選2017

公示 見極めたい訴え あきらめず選択(その1)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 衆院選が10日公示され、選挙戦がスタートした。日々目まぐるしく変化する政界の構図と権力争いばかりに耳目が集まるが、今回の衆院選は消費増税や原発政策など、この国の未来を左右する重要政策が問われる大事な選挙だ。安倍政権の継続か、それとも政権交代か。どの政党、どの候補者に私たちの暮らしを託すのか。22日の投開票に向けて一斉に走り始めた候補者の訴えを、有権者は注視している。

この記事は有料記事です。

残り2180文字(全文2365文字)

あわせて読みたい

注目の特集