メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸製鋼

経産省が不正究明を指示 納入先の安全性確認も

神戸製鋼所の性能データ改ざん問題を受けて、記者会見を開いた経産省の小見山康二・金属課長(前列中央)ら=東京都千代田区霞ケ関の同省で2017年10月10日午後3時32分、片平知宏撮影

 神戸製鋼所が自動車メーカーなど約200社に納入したアルミ・銅製品の検査データに不正が見つかった問題で経済産業省は10日、神戸製鋼に原因究明と再発防止策を講じるよう指示したことを明らかにした。国土交通省も10日、航空機関連メーカーに問題の製品を使用した部分の報告を求めたと明らかにした。自動車、航空機など広範に使われているが安全性が未確認のものも多く、納入先企業に波紋が広がっている。

 経産省は神戸製鋼から9月28日に連絡を受け、29日に事実関係の調査や再発防止策提出などを指示。納入…

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文868文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです