神戸製鋼不正

自動車リコールなら打撃 費用請求の恐れ 

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アルミ・銅部門は神戸製鋼所の経常利益に貢献していた
アルミ・銅部門は神戸製鋼所の経常利益に貢献していた

 アルミ・銅製品の検査データに不正が見つかった神戸製鋼所は、鉄鋼では新日鉄住金、JFEスチールに次ぎ国内3位、アルミではUACJ(旧古河スカイ)に次ぎ、国内2位の大手メーカーだ。今回の不正を受け、自動車メーカーがリコール(無料の回収・修理)に踏み切った場合、神戸製鋼はリコール費用を請求される可能性があり、経営に大きな打撃を受けることになる。

 神戸製鋼の2017年3月期連結決算は、230億円の最終(当期)赤字で、2期連続で最終赤字を計上した。部門別には鉄鋼が原料高などで295億円の経常赤字だった。これに対し、今回問題となったアルミ・銅部門は120億円の経常黒字で、電力事業と並んで同社の稼ぎ頭。軽量化で自動車の燃費改善に貢献するアルミは、各メーカーの採用が増えているためだ。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文864文字)

あわせて読みたい

注目の特集