メルケル首相「連立協議を18日から開始」発表

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

難民受け入れを「年間最大20万人」に抑制方針を合意

 【ベルリン中西啓介】ドイツのメルケル首相は9日、ベルリンで記者会見し、第4次政権発足を目指し、自身が率いる保守系国政会派のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と、中道の自由民主党(FDP)、左派系環境政党の緑の党による連立協議を18日から開始すると発表した。CSUの要望に応じ、難民受け入れを「年間最大20万人」に抑制する方針で合意したことも明らかにした。

 メルケル氏は連立協議に臨む条件を話し合うため、8日にCSUのゼーホーファー党首と会談。権利の制限につながるとして拒否してきた「受け入れ上限の設定」という表現は避けつつも、保守層の支持離れを恐れるCSUに譲歩し、難民政策を転換した形だ。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文679文字)

あわせて読みたい

注目の特集