メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カタルーニャ

独立宣言は保留 中央政府との対話を模索へ

 【パリ賀有勇】スペインからの独立を問う住民投票で賛成が多数を占めた北東部カタルーニャ自治州のプチデモン州首相は10日夜(日本時間11日未明)、州議会で演説し、「カタルーニャは独立した共和国となる意思表示をした」と述べる一方、独立宣言に踏み切ることを保留し、混乱回避のため中央政府との対話を模索する考えを示した。

 自治州は今月1日、中央政府と憲法裁判所が法的な正当性を認めない中で住民投票を実施した。州政府発表の確定開票結果によると、投票資格を持つ531万人のうち43%にあたる228万人が投票し、独立に「賛成」は90.18%を占めた。反対派の多くが棄権したため「反対」は7.83%にとどまった。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです