連載

どうすれば安全安心

地震や医療、社会保障など危険や不安がいっぱいの時代。安全安心のための記事をお届け。

連載一覧

どうすれば安全安心

初めてのエンディングノート 生きるヒントに、まず活用を

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
書店やインターネットなどで手軽に入手できるエンディングノート=2017年10月10日、宇田川恵撮影
書店やインターネットなどで手軽に入手できるエンディングノート=2017年10月10日、宇田川恵撮影

 「もしも」の時に備え、自分の思いなどを記しておく「エンディングノート」。多くの人がその名を知り、手元に置いている。だが実際に書き込む人は極めて少ないそうだ。持っているだけではもったいない。書くことの大切さや、うまく使うポイントを改めて探った。【宇田川恵】

好きな項目だけ書く/できれば家族や親友と/法的拘束力なく、注意

 「これ、気になって買ってみたんだけど」。友人が見せてくれた冊子には「エンディングノート」のタイトル。書店で見つけたというが、中は真っ白だ。「なかなか書き始められなくて……」

 そもそも「エンディング」とは「人生の終わり」を意味する。その名がつくノートは葬儀、お墓などのイメージが強い。だから、いざペンを執っても、気がめいって筆が進まない人が多いのだ。

この記事は有料記事です。

残り2156文字(全文2490文字)

あわせて読みたい

注目の特集