メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・ライブ・レビュー

イルマ・オスノ 前衛の伝統は精霊に学ぶ

 甲高い声音は薬草のように、ほろ苦くて甘い。レパートリーはアンデス高地に生きる者が綿々と暮らしの中で受け継いできた、祭り歌や労働歌。自然をメタファーにした恋歌もあり、無垢(むく)な力強さが濃縮されている。通常のフォルクローレ、ケーナやチャランゴのアンサンブルをイメージすると、かなり驚かされるはずだ。

 ペルー国内でさえ埋もれがちな鄙(ひな)の歌に、鮮烈な光を当てるCD「タキ アヤクーチョ」。インカ帝国時代の公用語、ケチュア語による南部アヤクーチョ県の伝承曲がほとんどで、平太鼓ティンヤ、小型弦楽器チンリリ、ハサミ(ある種のトランスミュージックに使われる楽器!)を自ら奏でつつ歌う。たちまち脳裏に浮かぶのは、まだ…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文765文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 参院選、投票率前回下回る9.7% 午前11時現在
  4. 参院選投票日にあたっての各党の声明 全文
  5. 吉本・岡本社長 22日に会見 宮迫さんらの会見受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです