メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

吉本実憂 ドラマ「さくらの親子丼」二宮あざみ役

吉本実憂さん=東京都渋谷区で2017年9月11日、根岸基弘撮影

 ◆吉本実憂 ドラマ「さくらの親子丼」二宮あざみ役(フジテレビ=土曜午後11時40分)

男の子に憧れて

 行き場を失って駆け込んできた人に、親子丼を無料で食べさせる古本屋がドラマの舞台。真矢ミキ演じる店主さくらの元に駆け込む不良の役で、「小さい時から男の子になりたかったんです。黒い服も似合うし、女の子じゃ着られないシルバーやゴールドも許されるから。だから、乱暴な口調にも苦戦してないです」。 男性の仕草からかっこよさを研究し、壁に寄りかかったり、腰高の棚に肘を突いてみたりと苦心した。生まれて初めて毛先を金髪にし、「テンションも変わります。家族にも写真を送って『似合う』と言われました」とはにかんだ。

 脚本家の清水有生が、現代の社会問題を実地で取材したことを織り込んだオリジナル作品。取材に裏打ちされ…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文848文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  2. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです