メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車

飛躍、日本からF1 フランス人21歳・ガスリー 15、16戦完走「もっと攻めていく」

13位でフィニッシュしたトロロッソのピエール・ガスリー=鈴鹿サーキットで2017年10月8日、木葉健二撮影

 21歳のフランス人ドライバーが日本から飛躍し、F1の舞台に立った。今季から全日本スーパーフォーミュラ(SF)選手権に参戦しているピエール・ガスリーだ。F1世界選手権第15戦のマレーシアグランプリ(GP、9月29日~10月1日)でトロロッソからデビューし、8日に決勝が行われた第16戦の日本GP(三重・鈴鹿サーキット)にも出場。「チャンスを待ち、懸命に努力して夢がかなった」と感慨に浸った。

 日本GP決勝では、14番手からスタートし、同僚のカルロス・サインツ(スペイン)らリタイアする選手が…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 和歌山の新図書館、来年4月オープンへ 1階にスタバ、蔦屋書店も

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. ORICON NEWS 池田エライザ、胸下ロングヘアで印象ガラリ 「幼く見える」「だれかわからへん」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです