メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんばっペン

世界を照らす物語 /茨城

 大画面から観客席に降り注ぐ満天の星。砂漠の湖底から浮かび、ほほ笑む女神アルピエンヌ--。静止画でもアニメーションでもない、絵本「ニジェール物語」のデジタル映像作品「動く絵本」を鑑賞した。圧倒的な映像美と合わせて、女性ナレーターが主人公の「ボク」になって語りかけ、砂漠の国を舞台にした七つの寓話を紡ぎ出す。

 守谷市の福田英子さん(60)が、夫の赴任先だった西アフリカのニジェールで7年間暮らした体験を基にこの物語を創作。有志でつくる製作委員会が昨夏絵本として出版した。収益は福田さんが代表理事を務める市民団体「コモン・ニジェール」に寄付される。

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです