メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんばっペン

世界を照らす物語 /茨城

 大画面から観客席に降り注ぐ満天の星。砂漠の湖底から浮かび、ほほ笑む女神アルピエンヌ--。静止画でもアニメーションでもない、絵本「ニジェール物語」のデジタル映像作品「動く絵本」を鑑賞した。圧倒的な映像美と合わせて、女性ナレーターが主人公の「ボク」になって語りかけ、砂漠の国を舞台にした七つの寓話を紡ぎ出す。

 守谷市の福田英子さん(60)が、夫の赴任先だった西アフリカのニジェールで7年間暮らした体験を基にこの物語を創作。有志でつくる製作委員会が昨夏絵本として出版した。収益は福田さんが代表理事を務める市民団体「コモン・ニジェール」に寄付される。

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  4. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  5. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです