特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋の高校野球

府予選 大阪桐蔭決勝へ、近大付に8-1 /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【近大付-大阪桐蔭】三回裏大阪桐蔭1死一塁、根尾の中越え二塁打で一塁から宮崎が生還し、2点目。捕手は近大付・西川=大阪府吹田市の万博球場で、青木純撮影 拡大
【近大付-大阪桐蔭】三回裏大阪桐蔭1死一塁、根尾の中越え二塁打で一塁から宮崎が生還し、2点目。捕手は近大付・西川=大阪府吹田市の万博球場で、青木純撮影

 秋季近畿地区高校野球大会府予選(府高野連主催)の準決勝1試合が11日、吹田市の万博球場であり、大阪桐蔭が近大付を降し決勝に進んだ。大阪桐蔭は来春の選抜大会選考の参考資料となる近畿地区大会に出場する。

 決勝と3位決定戦は14日、大阪市此花区の大阪シティ信金スタジアムで。3位決定戦(午前10時開始)で、近畿地区大会の最後の出場枠をかけて興国と近大付が対戦する。午後0時10分開始の決勝で、今春のセンバツ甲子園優勝の大阪桐蔭と準優勝の履正社が対戦する。【青木純】

 ▽準決勝

近大付  0000001=1

大阪桐蔭 003140×=8

 (七回コールド)

 大阪桐蔭は三回、中川の犠飛、青地の二塁打などで計3点を奪取。五回には小泉の2点適時二塁打などで4点を加え、試合を決めた。近大付は七回、山本と冨山の連続二塁打で1点を返したが後が続かなかった。

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする