メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第63回青少年読書感想文全国コンクール

県第1次審査会を開催 倉吉 /鳥取

予備審査を進めるため、それぞれの分担や準備作業を打ち合わせする審査員ら=鳥取県倉吉市で、松本博子撮影

 第63回青少年読書感想文全国コンクール(全国学校図書館協議会、毎日新聞社主催、内閣府、文部科学省後援)の県第1次審査会が10日、倉吉市の倉吉体育文化会館で開かれた。

 同コンクールには、県内の小中学校から計4300点を上回る応募があった。校内審査を経て、小学校低学年159点▽中学年185点▽高学年159点▽中学校76点▽高校38点に絞られた。

 最終審査会に向けて、各審査員は氏名を伏せた作品を読み込み、学年別に上位の順番付けをするなど予備審査…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです