メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとりの美

県立博物館から 鳥取藩と絵師たち展 流行の画風に敏感 /鳥取

 このコーナーでは、鳥取にゆかりのある作家や作品を紹介したり、現在鳥取で見ることのできる作品をお知らせしたりしています。しかし、そもそも「鳥取の美」とは何なのでしょうか。

 自然・人文・美術の3分野がある県立博物館には多くのコレクションがありますが、美術分野では「鳥取」という場所を主軸に、地域に関係のある作家や作品、自然や風物を主題にした作品、そして郷土作家とつながりを持つ国内外の優れた作品を収集方針として掲げています。展覧会や常設展で鳥取の美術を発信すると同時に、鳥取の美術を体系的に蓄積し、その層を厚くすることを使命としているのです。この作業は、鳥取の美術の流れ、すなわち鳥取の美術史を編むことにもつながるといえるでしょう。

 現在当館で開催中のテーマ展示「鳥取藩と絵師たち」は、江戸時代の鳥取藩で活躍した画家たちを紹介するも…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです