メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

トウ小平の先見の明=坂東賢治

 <moku-go>

 18日からの中国共産党の第19回党大会で習近平(しゅうきんぺい)指導部の第2期の体制が決まる。四半世紀前にトウ小平(とうしょうへい)が設計した共産党の権力体制の見直しに動くかが見どころだ。

 東アジア研究の権威であるエズラ・ボーゲル氏は「トウ小平が選んだ後継者はその後20年も中国を率い続けた」と指摘している。江沢民(こうたくみん)、胡錦濤(こきんとう)両氏のことだ。

 1989年の天安門事件後にトウが総書記に選んだ江氏が後継者の地位を固めたのが92年の第14回党大会…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 紅葉と国宝、くっきりと ライトアップ、もうすぐ見ごろ 大津・石山寺 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです