メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

関谷興仁さん=創作を通じて加害の歴史を伝える陶芸家

関谷興仁さん

関谷興仁(せきや・こうじん)さん(85)

 黒く焼き上げた陶板に「悼」の文字。「万人坑」と題する作品群のもとに黒い布靴が何足も置かれ、その周りや壁面の小さな板には日本に強制連行された中国人の名が一人ずつ刻まれる。

 「外務省の名簿で調べ4万人弱の名を彫った。だが不明者は名前すら残せない」

 栃木県益子町で私設の陶板彫刻美術館「朝露館(ちょうろかん)」を開いて25年。東京の自宅から通って、こつこつと仕上げた作品を陳列する。アジアの戦争被害者をはじめ原爆が投下された広島などを題材に創作を重ね、原発事故後は福島がテーマに加わった。

 早稲田大を卒業後、東京都内で公立中学の国語教師になった。能力主義に傾く教育行政に疑問を抱き、11年…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  4. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  5. ORICON NEWS 新婚夫・廣瀬智紀に“二股”報道 川栄李奈「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです