特集

第79期名人戦

現在棋界最多の3冠を誇る渡辺明名人に挑むのは誰か?第79期名人戦と順位戦を特集します。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 豊島将之八段-稲葉陽八段 第20局の1

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

序盤戦の研究

 関西の20代トップ棋士が激突する。3連勝の豊島は、暫定で単独トップに立っている。A級1期目で名人挑戦を実現するために、連勝を伸ばすことができるか注目されていた。

 一方、稲葉は2勝2敗の指し分けである。前期の名人挑戦者で連続挑戦を目指しているが、これ以上負けると望みが薄くなってしまう。

 大きな勝負である。

 本局、角換わり戦が予想されたが、[後]4四歩(図)と角筋を止めたので外れた。豊島は想定内だったようで、構想を立てながら指していた。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文826文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集