メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース検定に挑戦

今回は準2級 ヘイトスピーチ、法で対策

在日コリアンらへの憎悪をあおるデモ隊に向けて掲げられた「ヘイトスピーチ、許さない。」と書かれたプラカード=川崎市で2016年1月31日、後藤由耶撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 ◆問題 国内のヘイトスピーチ(憎(ぞう)悪(お)表現)に対する立法、行政、司法の対応などについて、正しい記述を次から一つ選びなさい。

(1)ヘイトスピーチ対策法(2016年施(し)行(こう))には禁止規(き)定(てい)や罰(ばっ)則(そく)がない。

(2)日本は人種差別撤(てっ)廃(ぱい)条約を全面的に(条文の一部を留保することなく)批(ひ)准(じゅん)している。

(3)最高裁判所がヘイトスピーチを人種差別と認めた例はない。

この記事は有料記事です。

残り1502文字(全文1731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです