連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

ほめ上手、親も訓練

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
叱られた場合とほめられた場合の受け止め方の違いについて説明するペアレントトレーニングの講師=東京都目黒区で
叱られた場合とほめられた場合の受け止め方の違いについて説明するペアレントトレーニングの講師=東京都目黒区で

 子供の「困った行動」を注意し続けても効果がなく、親も叱る自分が嫌になってしまうことがある。どんなふうに声をかけると、親も子も楽なのか。具体的な対処方法を学ぶ「ペアレントトレーニング」(ペアトレ)を体験した。

 ●困る行動を仕分け

 ペアトレは発達障害がある子の親を支援するため、1970年代に米国で開発された。日本にもいくつかの方式があり、今回体験したのは発達支援の教室を手がけるLITALICO(リタリコ、東京都目黒区)のプログラム。鳥取大学大学院の井上雅彦教授が監修した。障害の有無にかかわらず親の「困りごと」に対応する内容で、昨年度には約1500人が受講したという。

 体験したのは基本編(60分×6回)の初回。初対面の母親3人とグループで受けた。通常は6回とも原則同じメンバーで続けていく。この日はまず、子供の増やしたい行動や困った行動を書き出した。記者は長男(3)について「歯磨きがスムーズにできない」と書いた。それぞれ困りごとを発表していくと、講師の井田美沙子さんが必ず「それで何か弊害がありますか」と聞く。よく考えてみると、本当に困るべきことは少しだと気付かさ…

この記事は有料記事です。

残り1517文字(全文2002文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集