メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あしなが育英会

30年ぶり奨学金増額 一部給付導入

 病気や災害などで親を亡くした子どもを支援する「あしなが育英会」は来年度から、高校生、大学生ら向けに全額貸与としていた奨学金制度を見直し、月額を引き上げた上で増額分は返済不要の給付とすると発表した。金額の改定は30年ぶりで、給付の形を取るのは初めて。5~8割増の大幅な引き上げで、生活に困窮する遺児らの進学を後押しする。

 現行の月額に、高校生は2万円▽大学・専門学校生3万円▽大学院生4万円--をそれぞれ上乗せする。改定後は、高校生は国公立では月4万5000円(私立5万円)、大学生は月7万円または8万円などとなる。上乗せ分はすべて給付で、返還額は現行と変わらない。新規の奨学生だけでなく、利用中の奨学生も来年度から上乗せの対象とする。奨学金の利用者は今年8月時点で約4500人。

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです