神鋼データ不正

川崎会長兼社長が陳謝 経産省に経緯説明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長は12日午前、経済産業省を訪れ、アルミ・銅製品などの検査データの不正問題について、多田明弘製造産業局長に経緯などを説明した。

 会談の冒頭、川崎会長兼社長は「不適切な行為で消費者のみなさんに心配をかけていることをおわびする。安全確認を最優先課題に万全の体制で取り組んでいく」と陳謝。多田局長は「日本の製造業の信頼にかかわるとの指摘も出てきている。社長のリーダーシップの下、法令違…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

あわせて読みたい

注目の特集